「選挙戦に悔いない」 力不足と安里氏、今後は未定

高良氏の当確が午後8時直後に出たことを受け、支持者を前にあいさつする安里氏=21日夜、いとみね会館

落選した安里繁信氏は21日夜、那覇市内の事務所で支持者を前に「全ては私の力不足。最後までやりきった充実感と達成感はある。悔いの残らない選挙だった」と選挙戦を振り返った。今後の政治活動については「後援会や家族と向き合わないといけない。落ち着いてから最終的に判断する」と明言を避けた。
 自民県連の中川京貴会長は「政策が浸透していなかった。基地問題は避けて通れなかった」と述べた。西銘順志郎選対本部長は、安里氏が出馬表明で辺野古移設について「口が裂けても推進とは言えない」と述べたことについて「どのように影響したかは分からない。計算外だった」と吐露した。安里氏の今後については「良い候補者だと私は思う。政界の中で頑張って、リーダーとなってほしい」と捲土重来に期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の石垣島徳洲会病院(池原康一院長)とかりゆし病院(境田康二院長)は6月1日、新型コロナウイル…
  2.  「慰霊の日」の6月23日に開かれる沖縄全戦没者追悼式を、平和祈念公園から国立沖縄戦没者墓苑に変更す…
  3.  八重山郡スポーツ協会(長浜信夫会長)は30日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場で新型コロナウィルス…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折ら…
ページ上部へ戻る