恒例の「獅子皮作り」 豊年祭に向け準備 登野城獅子保存会

獅子の皮を作る登野城獅子保存会のメンバー

 登野城獅子保存会(黒島弘会長)は21、22日の2日間、黒島会長宅で恒例の「獅子皮(シィーシィーぬカー)作り」を行い、豊年祭への準備を進めた。
 登野城の獅子2頭は獅子面や胴体が大きく、年数回の獅子舞で、獅子の皮にほころびなどができる。その修復と後進育成を兼ね、小中学生や会員の子どもらに声をかけ、毎年この時期に実施している。
 今回は糸芭蕉約100本を用意。切り出して皮をはぎ、皮を脱穀機で荒削りし、黒島会長や上地和浩顧問の指導の下、子どもたちも一緒に、竹や瓦片で外表皮を丁寧に細かく削った。繊維はガジュマルの灰汁を煮詰めた大釜で茹でた後、取り出して冷水で洗い流し、干して乾燥させた。
 2~3日乾燥させた糸芭蕉は獅子の胴体網部に取り付けられる。修復された獅子は、25日に天川御嶽で行われるとぅぬすく村オンプーリィの獅子舞奉納、26日のムラプーリィ出発前のシィーヅクリで、字民のケガや熱中症防止のための送り出しで使用される。
 同保存会では4年に1度、青桐(アウダレー)での皮作りを行なっている。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る