恒例の「獅子皮作り」 豊年祭に向け準備 登野城獅子保存会

獅子の皮を作る登野城獅子保存会のメンバー

 登野城獅子保存会(黒島弘会長)は21、22日の2日間、黒島会長宅で恒例の「獅子皮(シィーシィーぬカー)作り」を行い、豊年祭への準備を進めた。
 登野城の獅子2頭は獅子面や胴体が大きく、年数回の獅子舞で、獅子の皮にほころびなどができる。その修復と後進育成を兼ね、小中学生や会員の子どもらに声をかけ、毎年この時期に実施している。
 今回は糸芭蕉約100本を用意。切り出して皮をはぎ、皮を脱穀機で荒削りし、黒島会長や上地和浩顧問の指導の下、子どもたちも一緒に、竹や瓦片で外表皮を丁寧に細かく削った。繊維はガジュマルの灰汁を煮詰めた大釜で茹でた後、取り出して冷水で洗い流し、干して乾燥させた。
 2~3日乾燥させた糸芭蕉は獅子の胴体網部に取り付けられる。修復された獅子は、25日に天川御嶽で行われるとぅぬすく村オンプーリィの獅子舞奉納、26日のムラプーリィ出発前のシィーヅクリで、字民のケガや熱中症防止のための送り出しで使用される。
 同保存会では4年に1度、青桐(アウダレー)での皮作りを行なっている。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、八重山では今月に入り、外国客が…
  2.  沖縄ツーリズム産業団体協議会(会長・下地芳郎OCVB会長)の代表者8人は19日午後、県庁に玉城デニ…
  3.  沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長と報道陣の一問一答は次の通り。  ―OCVB内の対策委…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る