県農大生、マンゴー贈呈 農水部長に成果報告

表敬訪問した学生らと教諭、長嶺部長(写真前列中央右)=23日、県庁

 県立農業大学校果樹専攻コースの学生らは23日、県庁に農林水産部の長嶺豊部長を訪ね、実習成果を報告、約1年かけて育てたマンゴーを贈呈した。学生らは、マンゴーや他品目の果実に関するプロジェクトを各々が持ち、1年かけて研究した成果を報告した。
 表敬訪問した学生は大城文也さん(2年)、宮里怜花さん(同)ら計6人。大城さんと宮里さんが、マンゴーの収穫量の増大や高品質化に取り組み、他の2年生2人がドラゴンフルーツなどの果実について、収穫時期の調整を研究した。
 大城さんは「目標とした収穫量に近付いている」と説明。宮里さんはマンゴーが実る枝のせん定数を調整し「作業の省人化を検討している」と述べた。
 贈呈されたマンゴーには農大ブランドを示すシールが貼られており、JAや中央卸売市場で販売される。また、道の駅許田やんばる物産で直接販売も予定する。
 長嶺部長は「将来の農業の担い手として活躍に期待する」とエールを送り、同校出身の学生らの中には、独立して活躍している人もいると紹介。「先輩方とネットワークを作って、取組んでほしい」と求めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…
  2. 2021年度新川字会(金城文雄会長)の通常総会が17日午後、新川自治公民館で開かれ、新・旧役員のみが…
  3. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  リゾテックおきなわ国際IT見本市実行委員会(稲垣純一委員長)は9日、県市町村自治会館で、同事業構想…
ページ上部へ戻る