きょうから四カ字豊年祭 新川、綱かきに奮闘

炎天下、大粒の汗を流しながら大綱づくりに精出す新川字会の若者たち=24日午後2時ごろ、真乙姥嶽前

 石垣市四カ字豊年祭が25日から2日間にわたって行われるのを前に、26日のムラプールで使う大綱引きの綱づくり(綱かき)が23日から新川の真乙姥嶽で行われ、新川字会の若者たちが炎天下、大粒の汗を流しながら全長約100㍍の大綱を完成させた。
 綱は今年の一期米のワラを使用。境内にあるアコウの木の下で男たちが3人一組になって「エイッ、エイッ」という掛け声とともに、綱づくりに奮闘。小綱を7本つくり、2日目の24日はそれを4本ずつ束ねて、大綱を仕上げた。
 「参遣状」「八重山年代記」などの古文書によると、四カ字豊年祭は1700年代ごろから始まったとされ、300年余りの歴史がある。
 初日のオンプールは各字の御嶽で奉納芸能が行われる。2日目のムラプールは登野城、大川、石垣、新川の四カ字のほか、双葉、新栄町など各団体の旗頭や太鼓が集結。今年の五穀豊じょうの感謝と来年の豊作を祈願して華やかな余興が繰り広げられる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は3月31日、市役所で…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は3月31日朝、玉城デニー知事…
  3.  暴力団による事件をはじめとした組織犯罪に対処するため、沖縄県警は1日、八重山警察署に組織犯罪対策課…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  八重山を訪れた観光客にスムーズな移動手段を提供しようと、石垣市、竹富町など官民7者が11月から20…
ページ上部へ戻る