石垣字会に頭寄贈 玉代勢さん、米寿記念の「松竹梅」

新調された「松竹梅」の旗頭がお披露目された(左)。「胡蝶蘭」の頭と交代する「松竹梅」(右)=25日午前、玉代勢さん自宅庭

 長年、字石垣の旗頭持ちとして活躍した玉代勢孫芳さんが四カ字オンプールの25日、米寿の生年記念として「松竹梅」の頭を石垣字会(大浜慶功会長)に寄贈した。
 頭の製作者は玉代勢秀孝さんで、旗文字は「押風黄金(うすかじくがに)」。気候が順調で農作物が黄金のように実る五穀豊穣(ほうじょう)と、字民の無病息災、村の繁盛・安泰が祈念されている。
 寄贈は午前8時から玉代勢さん宅で行われた。7年間の大役を果たした「胡蝶蘭」旗頭が自宅庭に持ち込まれ、玉代勢さんは「寄贈できたことをうれしく思う。松竹梅の頭を大事に持ってほしい」とあいさつ。大浜会長らに対して引き渡しの儀式を行なった後、頭を交代した。
 自宅庭では「松竹梅」、自宅前道路では「光」の旗頭を初挙げし、囃子(はやし)の子どもや、旗頭持ちたちなど、字民らで祝福した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府沖縄総合事務局が主催する沖縄県の観光・交通事業者等との意見交換会が9日午後、那覇市内のホテル…
  2.  新型コロナウイルスとの戦いはまだ当分、終わりそうにない。沖縄本島と石垣市で、県内では69日ぶりとな…
  3.  観光客の受け入れが本格的に再開され、観光関連業を中心に経済が再び活発化する中、沖縄本島と石垣市で約…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る