石垣字会に頭寄贈 玉代勢さん、米寿記念の「松竹梅」

新調された「松竹梅」の旗頭がお披露目された(左)。「胡蝶蘭」の頭と交代する「松竹梅」(右)=25日午前、玉代勢さん自宅庭

 長年、字石垣の旗頭持ちとして活躍した玉代勢孫芳さんが四カ字オンプールの25日、米寿の生年記念として「松竹梅」の頭を石垣字会(大浜慶功会長)に寄贈した。
 頭の製作者は玉代勢秀孝さんで、旗文字は「押風黄金(うすかじくがに)」。気候が順調で農作物が黄金のように実る五穀豊穣(ほうじょう)と、字民の無病息災、村の繁盛・安泰が祈念されている。
 寄贈は午前8時から玉代勢さん宅で行われた。7年間の大役を果たした「胡蝶蘭」旗頭が自宅庭に持ち込まれ、玉代勢さんは「寄贈できたことをうれしく思う。松竹梅の頭を大事に持ってほしい」とあいさつ。大浜会長らに対して引き渡しの儀式を行なった後、頭を交代した。
 自宅庭では「松竹梅」、自宅前道路では「光」の旗頭を初挙げし、囃子(はやし)の子どもや、旗頭持ちたちなど、字民らで祝福した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  約600年の伝統があると言われ、国の重要無形民俗文化財の指定を受ける竹富島の「種子取祭(タナドゥイ…
  2.  試合後、新里和久監督はミーティングを開き、部員らに「野球さえ良ければ良いという考えじゃなく、人とし…
  3.  県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
ページ上部へ戻る