仕込み作業で大忙し きょう土用丑の日

うなぎ御膳を作るスレスタ・ダンバル・バハドゥルさん=26日午後ホテルミヤヒラ「郷土料理ひるぎ」調理場

 きょう27日は土用丑の日。夏の盛りの最も暑いとされるこの日に、うなぎを食べ酷暑を乗り切ろうとする多くの市民や観光客向けに、石垣市美崎町にある南の美ら花ホテルミヤヒラ「郷土料理ひるぎ」の料理場では26日、うなぎの仕込み作業で大忙し。従業員のスレスタ・ダンバル・バハドゥルさん(27)は次から次と注意深くうなぎを盛り付け素早く仕上げていた。
 同店では20日から創業66周年感謝祭土用の丑の日「うなぎ祭り」を始めており、初日から毎日約50食分の予約があるという人気ぶりだ。
 ひるぎの石垣誠輝(しげき)店長は「うなぎの味はタレで決まる。自家製タレとクセのないさっぱりとした肝吸い(お吸い物)の組み合わせは絶品。食べ合わせを楽しんでほしい」と話した。
 価格は「うなぎ祭り」のため28日まで500円引きで「うなぎ御膳」が4300円、「うな丼」が2300円。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣中学校第14期生による「石中14期 73歳生年祝賀会」(同実行委員会)が17日夕、市内ホテルで…
  2.  石垣市と姉妹都市を結ぶ台湾宜蘭縣蘇澳鎮(すおうちん)との交換留学を行う「2019年度石垣市小学生・…
  3.  タイム計測と順位をつけない第3回西表島Happy77トライアスロン2019(主催・西表島スポーツプ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…
ページ上部へ戻る