友寄(二中)が県大会V テニス競技 来月の九州大会出場へ

中体連テニス競技大会で優勝した友寄愛加理=27日、石垣市中央運動公園テニスコート

 第19回県中学校テニス競技大会(主催・県中体連)が27日から3日間、県総合運動公園テニスコートで開かれ、八重山から出場した石垣第二中3年の友寄愛加理(14)が優勝した。友寄は8月5日から長崎県で開かれる九州大会に県代表として出場する。
 県大会では2回戦からの出場となり、初戦を6―0、3回戦を6―2、準々決勝を7―5、準決勝を6―1で取った。
 決勝は琉大付属2年の新城英万と対戦した。過去には全勝している相手だが「常に接戦となる」という強敵。タイブレークの末、7―6で競り勝った。
 友寄は「ラリーを粘り強く続けることができた。中体連で最後の大会だったので、絶対に勝ちたいと思って臨んだ」と振り返った。
 中体連では新人大会以来の優勝。過去、九州大会での最高成績は6位だが「ベスト4に入って全国大会に出場したい」と意気込んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  23日の沖縄全戦没者追悼式では、昨年と同様、安倍晋三首相へのやじが相次ぎ、会場は一時騒然となった。…
ページ上部へ戻る