海で分解可能なプラスティック 開発に期待、高効率で生産

R3HBの結晶(左)から生産された板上のプラスティック(右)=29日、県庁(写真右側)。R3HBの結晶を持つセンター主任研究員の世嘉良宏斗さん(右)と培養用中のR3HBを持つ古堅勝也センター所長=29日、県庁(写真左側)

 県は29日、海で分解可能なプラスティックの原料になる樹脂を高効率で生産する方法を開発したと発表した。県工業技術センターが、沖縄産の微生物を活用し、生分解性樹脂原料である3―ヒドロキシ酪酸(R3HB)を従来の2倍以上生産することに成功し、5月10日に特許を取得した。技術を応用し、プラスティックの開発を目指すベンチャー企業も県内で発足し、センターと共同で研究を進めている。
 R3HBは、海で分解されるプラスティックの原材料として期待されていたが、大量生産が難しく単価が高かった。センターが開発した生産方法で、より安価で大量生産できる可能性が高まった。
 センターは、沖縄近海で採取した堆積物からハロモナス菌の新しい菌株を発見。菌株と砂糖を混ぜて培養し、高効率でR3HBを生産する。県内に拠点を持つベンチャー企業「グリーンテクノプラス」と共同で研究を進める。
 将来的には、1000分の1以下の価格になる可能性があり、普及が進む生分解性プラスティック「ポリ乳酸」と同程度のコストで生産を目指す。「ポリ乳酸」は海中での分解が難しいため、R3HBに期待がかかる。センターは、5年以内に製品化を目指す。県の補助事業「新産業事業化促進事業」で2250万円の予算支援を受け、研究を進めている。
 県商工労働部の嘉数登部長は「深刻な海洋汚染を引き起こす石油由来プラスティックに替わる材料として期待できる」と話し、世界的に取り組みが進む「持続可能な開発目標(SDGs)」にも繋がると期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  空手の普及に努めている一般社団法人劉衛流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、恩納村の恩納海浜公園ビー…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る