730記念碑を塗り替え 宮良さん、交通事故防止願い

730記念碑のペンキを塗り替える宮良さんの孫たち=30日午後、730交差点

 石垣市の730交差点にある730記念碑をデザインした元県警職員の宮良栄重さん(74)=宮良=と小中学生の孫ら6人が30日、記念碑のペンキ塗り替えと清掃を行った。宮良さんは「交通事故防止につながれば」と期待した。
 碑は沖縄の日本復帰に伴い、車の通行が右側から左側に変わった7月30日を記念して設置された。宮良さんは画家としても活動しており、県美術家連盟の会員でもある。
 宮良さんは、10数年前から毎年7月30日に、剥げかかったペンキの塗り替えをボランティアで行っている。この日は西石垣勇星君(石垣小6年)らの孫にハケを持たせ、碑の上部と下部にあるデザインや文字を丹念に塗り直した。
 通りすがりの観光客たちの中には、作業の様子にカメラを向ける人もいた。  

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は21日、後進の指導・育成に貢献した建設技能者と、今後の活躍が期待される青年技能者が国から顕彰さ…
  2.  文部科学省と県教委が17日に公表した2018年度の児童生徒の問題行動・不登校調査によると、県内小、…
  3.  石垣島ジュニアトライアスロン無料練習会(主催・チームかんむりわしJr)が22日午後、石垣市運動公園…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る