730記念碑を塗り替え 宮良さん、交通事故防止願い

730記念碑のペンキを塗り替える宮良さんの孫たち=30日午後、730交差点

 石垣市の730交差点にある730記念碑をデザインした元県警職員の宮良栄重さん(74)=宮良=と小中学生の孫ら6人が30日、記念碑のペンキ塗り替えと清掃を行った。宮良さんは「交通事故防止につながれば」と期待した。
 碑は沖縄の日本復帰に伴い、車の通行が右側から左側に変わった7月30日を記念して設置された。宮良さんは画家としても活動しており、県美術家連盟の会員でもある。
 宮良さんは、10数年前から毎年7月30日に、剥げかかったペンキの塗り替えをボランティアで行っている。この日は西石垣勇星君(石垣小6年)らの孫にハケを持たせ、碑の上部と下部にあるデザインや文字を丹念に塗り直した。
 通りすがりの観光客たちの中には、作業の様子にカメラを向ける人もいた。  

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る