官民一体で登録推進 JTA職員が世界遺産室配属 竹富町

西大舛町長(右)から辞令を交付され、世界自然遺産登録へ向け固い握手を交わす高安さん=1日午後、竹富町役場町長室

 官民一体となって世界自然遺産登録の推進を図ろうと、竹富町は1日、「竹富町と日本トランスオーシャン航空株式会社(JTA)との派遣研修に関する協定」に基づき、JTA八重山営業所(黒島勝所長)の高安壮太さん(38)を町世界遺産推進室に配属する辞令を交付した。期間は来年の7月31日までの1年間。
 同日午後、町役場町長室で交付式が開かれ、西大舛髙旬町長は「JTAと連携しつつ前に進めたい。結果が出るものと期待している」と述べた。
 高安さんは「地元に根ざす航空会社の社員として、推進共同企業体の一員として、世界遺産推進室、西表島の皆様とともに、登録に向け精一杯取り組む」と意気込みを話した。
 世界遺産推進室(大浜知司室長)は2020年夏の世界自然遺産登録を迅速かつ効率的に進めようと7月1日に新設。
 西表島・本島北部地域の世界自然遺産登録の推進を目指して5月に発足した「世界自然遺産推進共同企業体」(構成・JTAなど31企業)からの人材登用を検討しており、今回実現した。
 JTAは同企業体を発足させた4企業の1つで、青木紀将社長は先月31日、那覇市内で開かれた第1回総会で代表に選出されている。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  菅義偉官房長官は29日に来県し、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込む観光需要を把握するため、那…
  2.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」の開所から半年が経…
  3.  石垣市役所の課長以上の管理職に占める女性職員の比率は2019年度で10.0%で2年連続で下がったこ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る