ゆいレール3両化で要請 菅氏、知事に支援の意向強調

 玉城デニー知事は1日、官邸で菅義偉官房長官と会い、沖縄都市モノレール(ゆいレール)の輸送力増強に向け、3両編成化の予算確保を要請した。菅氏は「国としてもしっかりバックアップしていきたい」と応じた。県は今年度、車両基地候補地を選定し、概略設計に着手する予定で、3両化車両の発注やホームドアの改修を経て、2022年度に最初の車両完成を目指す。
 国は3両編成化を支援するため、来年度概算要求でハード交付金を活用し、補助率を8割を引き上げる方針を示した。
 これを受け、沖縄都市モノレール株式会社、県、那覇市、浦添市は同社の財政健全化に向け、債務の株式化や出資を行い、債務超過の解消に協力することを決めている。
 菅氏は玉城知事との面会後の記者会見で「今年度中に那覇空港第2滑走路の供用開始が予定されている。利用者の大幅増加が予想される中で、できるだけ早期に3両化が実現できるよう、国としてもしっかり対応していきたい」と述べた。
 一方、3両化車両のメーカーで受注が重なり、車両製造の計画に遅れが出る可能性が指摘されている。
 玉城知事によると菅氏は「国としても計画通りに進むように後押しをしたい」とメーカーに早期製造を働き掛ける考えを示したという。知事も近くメーカーを訪問し、早期製造を要請する考えを示した。菅氏への要請の感触について知事は「国の支援も十分行っていただける」と手ごたえを強調した。
 知事と菅氏との面談で、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題などは話題に上らなかった。
 要請には城間幹子那覇市長、松本哲治浦添市長、モノレール社の美里義雅代表取締役社長が同行した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度・第1回石垣島大運動会(主催・同実行委員会)が14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開…
  2.  玉城デニー知事は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対などを訴えるため、14日から訪米した。米国政府や議…
  3.  「予測に比べると、まずまずに収まったという感じ」―。台風19号の被害が拡大する中、自民党の二階俊博…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は昨年3月に策定した「沖縄空手振興ビジョン」で示した将来像の実現を目的に、具体的な工程などを定め…
ページ上部へ戻る