玉城知事、現状を確認 与那国視察2日目 港や製氷施設など

祖納港を視察する玉城知事(右)と外間町長=3日午前、同所

 2日から与那国町を視察している玉城デニー知事は3日午前、久部良漁港と町漁業協同組合を視察し、担当者と嵩西茂則代表理事組合長から新設される浮桟橋などの説明を受け、築40年以上で老朽化が進む製氷施設の現状を確認した。嵩西組合長は故障が相次ぐ製氷機械について、「早急に対応をお願いしたい」と訴えた。
 嵩西組合長は2日の意見交換会で「氷は法事、葬儀、各イベントなど、島全体の祭祀・行事にも提供している」、「機械は過去2回取り替え工事をしたが、故障が絶えない」と製氷施設の重要性と現状を報告。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症の流行第2、第3波に備え、医療提供体制や県内の感染状況に応じた4段階の…
  2.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長(68)は2日、八重山日報の取材に応じ、新工場建設に向けた国の補助事…
  3.  東京都で2日、新型コロナウイルスの新規感染者数が100人を超え、感染再拡大の懸念がますます高まって…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票に不参加を表明した5市に抗議するため、宜…
ページ上部へ戻る