伝統・創作の演舞披露 一万人エイサーで魅力発信 那覇

迫力ある伝統エイサーを披露した那覇市松島青年会=4日、国際通りてんぶす前広場

 エイサーの魅力を広く伝えようと第25回一万人エイサー踊り隊(主催・夏祭りin那覇実行委員会)が4日、パレットくもじ前や国際通りで開かれた。創作エイサー24団体と、青年会などの伝統エイサー8団体が参加し、大勢の観衆の前で迫力あるエイサーを披露した。
 夏の恒例行事となった同イベントは、エイサーの伝統を守り、新たなエイサーを育てることを目的に開催。「伝統VS創作」をテーマに、パレットくもじ前などに設けられた8会場で、勇壮で華麗な演舞を繰り広げた。
 同実行委員長・城間幹子那覇市長は「観光総数10万人を目標に、沖縄の夏のエンターテイメントとして、さらに充実、発展させていきたい」とあいさつした。
 エイサーを見た観衆からは「迫力があって素晴らしかった」「飛んだり跳ねたり躍動感があって最高」などの感想があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…
ページ上部へ戻る