伝統・創作の演舞披露 一万人エイサーで魅力発信 那覇

迫力ある伝統エイサーを披露した那覇市松島青年会=4日、国際通りてんぶす前広場

 エイサーの魅力を広く伝えようと第25回一万人エイサー踊り隊(主催・夏祭りin那覇実行委員会)が4日、パレットくもじ前や国際通りで開かれた。創作エイサー24団体と、青年会などの伝統エイサー8団体が参加し、大勢の観衆の前で迫力あるエイサーを披露した。
 夏の恒例行事となった同イベントは、エイサーの伝統を守り、新たなエイサーを育てることを目的に開催。「伝統VS創作」をテーマに、パレットくもじ前などに設けられた8会場で、勇壮で華麗な演舞を繰り広げた。
 同実行委員長・城間幹子那覇市長は「観光総数10万人を目標に、沖縄の夏のエンターテイメントとして、さらに充実、発展させていきたい」とあいさつした。
 エイサーを見た観衆からは「迫力があって素晴らしかった」「飛んだり跳ねたり躍動感があって最高」などの感想があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「沖縄地域における希少な動植物の密猟・密輸対策連絡会議」の初となる八重山担当者会議が20日午前、竹…
  2.  ハリウッドの人気スター、トム・クルーズさん主演の映画「トップガン」続編の予告編で、クルーズさんが着…
  3.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は、10日、先天性脳性マヒによる足関節変形の改善を目的とした、軟部組…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る