音楽CDを「特産品」に 14年ぶりアルバムきょう発売 PANAさん

 石垣島出身の女性アーティストPANA(パナ)さんのアルバム「PANA」が7日から発売される。6日午後、八重山日報社を訪れたPANAさんは「島の子供たちに夢を持って外に飛び出して、多くの経験を島に持ち帰ってほしい」とCDに込めた思いを語った。
 PANAさんは16歳の時に歌手になるため本土へ進出。29歳で双子の娘を授かり音楽活動を休止していたが、今回14年ぶりに音楽活動を再開。
 3年前、家族で一時的に石垣島に戻って暮らしていた時、娘たちの「お母さん、こんなにいいところで育ったの?」という言葉に「改めて島の良さを教えられた。島の人には愛がいっぱい」と話すPANAさん。音楽を「島の特産品」にできないかと考え、CDを石垣島限定で発売することに決めたという。 
 曲調は三線や民謡と海外のトレンドなサウンドがミックスされた新しいタイプの島ミュージックをイメージ。歌詞には平久保岬やサザンゲートなど島の名所が多く盛り込まれているほか、きいやま商店とのコラボ曲もある。
 CDはBOOKSきょうはん、山田書店、知念商会、ヴィレッジバンガード、ツタヤ、ドンキホーテ、島内のファミリーマートなどで購入できる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は21日、後進の指導・育成に貢献した建設技能者と、今後の活躍が期待される青年技能者が国から顕彰さ…
  2.  文部科学省と県教委が17日に公表した2018年度の児童生徒の問題行動・不登校調査によると、県内小、…
  3.  石垣島ジュニアトライアスロン無料練習会(主催・チームかんむりわしJr)が22日午後、石垣市運動公園…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る