来年1月26日に石垣島マラソン 参加者1万人目指す

総会には市関係者だけでなく、経済関係者も参加した=7日夕、石垣市役所

 第18回石垣島マラソン実行委員会(委員長:川満誠一副市長)の総会が7日夕、市役所で開かれた。昨年に開催された第17回大会の収支決算案と監査報告、第18回大会の事業計画案や収支予算案、大会役員案などが審議され、全会一致で承認された。第18回大会は来年1月26日に開催される。
 第17回大会の収支決算案では、収入決算額が約3050万円で、支出決算額は約2878万円となり、差額約175万円は第18回大会に繰り越された。
 第18回大会の事業計画案では、フルマラソン一般の部の参加費が1000円値上がりし、6000円に変更された。参加申し込みは10月1日から11月15日まで。収支予算案では、収入・支出共に約3240万円となった。前回大会と比較し、備品の購入などで事務費が100万円値上げし、200万円となった。
 大会役員として、中山義隆市長が大会長を務める。副会長を川満氏、石垣安志教育長、市体育協会の宮良昌招会長が務める。
 中山氏は「令和最初の大会だ。盛り上げていきたい。(マラソン大会は)八重山の観光においても大きな位置づけになる」と指摘し、1万人の参加者を目指したいと意欲を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  空手の普及に努めている一般社団法人劉衛流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、恩納村の恩納海浜公園ビー…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る