来年1月26日に石垣島マラソン 参加者1万人目指す

総会には市関係者だけでなく、経済関係者も参加した=7日夕、石垣市役所

 第18回石垣島マラソン実行委員会(委員長:川満誠一副市長)の総会が7日夕、市役所で開かれた。昨年に開催された第17回大会の収支決算案と監査報告、第18回大会の事業計画案や収支予算案、大会役員案などが審議され、全会一致で承認された。第18回大会は来年1月26日に開催される。
 第17回大会の収支決算案では、収入決算額が約3050万円で、支出決算額は約2878万円となり、差額約175万円は第18回大会に繰り越された。
 第18回大会の事業計画案では、フルマラソン一般の部の参加費が1000円値上がりし、6000円に変更された。参加申し込みは10月1日から11月15日まで。収支予算案では、収入・支出共に約3240万円となった。前回大会と比較し、備品の購入などで事務費が100万円値上げし、200万円となった。
 大会役員として、中山義隆市長が大会長を務める。副会長を川満氏、石垣安志教育長、市体育協会の宮良昌招会長が務める。
 中山氏は「令和最初の大会だ。盛り上げていきたい。(マラソン大会は)八重山の観光においても大きな位置づけになる」と指摘し、1万人の参加者を目指したいと意欲を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  2.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…
  3. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る