陸自配備工事を批判 赤嶺衆院議員ら現地視察

陸自駐屯地建設に向けた用地造成工事を視察する赤嶺氏(左手前)=赤嶺事務所提供

 赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フェンス越しに工事現場を視察した。
 赤嶺氏によると、工事の進ちょく状況について沖縄防衛局調達部土木課の担当者は「進入路の造成工事を進めているところ。一部舗装工事も行っている」と報告。カンムリワシの営巣確認に伴い、工事が一時中止された影響も出ているとした。
 調査には次呂久成崇県議、井上美智子石垣市議、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の上原秀政共同代表らが同行。「国の公共事業であり、国民への説明責任を果たすのは政府の当然の責務」「カンムリワシへの影響は確認されていないと言うが、工事音に驚いたカンムリワシが飛び立つ姿なども確認されている」などと批判の声が上がったという。
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国の兵法書「孫子」の有名な一節だ。「彼を知り、己(おのれ)を知れば百戦殆うからず」。第二次大戦で…
  2.  石垣市新川の「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」(塩田和巳総支配人)の料飲マーケティング担当…
  3.  第12回全国離島交流中学生野球大会(離島甲子園)の決勝戦が22日、長崎県対馬市で開催された。石垣市…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  防衛省は23日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が昨年4~12月に緊急発進(ス…
ページ上部へ戻る