台風接近で避難続々 「暑さと水分補給心配」 石垣市

市健康福祉センターに避難し、喫茶スペースで休息する市民ら=8日午前、同所

 台風9号の接近を受け、石垣市は8日午前6時前から市健康福祉センターに一時避難所を設置した。午後零時過ぎには市全域に避難勧告が発表された。避難者らは各自で食料を準備し、台風の最新情報を得ながら、激しい暴風雨をしのいだ。
 同センターでは検診ホールを一般避難場所、子どもセンターを障害者、高齢者の避難場所とした。
 利用者は喫茶スペースのテーブルや廊下、玄関付近にあるベンチなどを利用して休息。テレビやスマートフォンで情報を確認したり、避難場所で睡眠を取ったりしながら台風が過ぎ去るのを待った。
 4月に東京から移住した大浜在住の男性(56)は午前6時過ぎに発表された避難準備情報を受け、午前7時ごろ来所。「30年ほど前に西表島でも避難したことがあり、今回で2度目。ひどくなってからでは遅いので、早くから車で来た。避難所では暑さと水分補給が心配」と話した。
 愛知出身で短期アルバイトのため初来島している女性(23)=真栄里=は午前8時ごろに訪れた。「初めての避難所。2日分の食料を準備してきた。人見知りなので知らない人と一緒に過ごすのは不安だったが、徐々に慣れてきた。建物が頑丈そうなので少し安心」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解…
  2.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣市の4月の事業所向けの営業用使用量が前年同月より40%近く減ったこ…
  3.  29日告示、6月7日投開票の県議選で、立候補を表明している無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共産、…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る