外国人の法律相談に対応 財団が沖縄弁護士会と覚書

覚書に調印した與那嶺氏(左)と赤嶺氏=沖縄弁護士会館

 県国際交流・人材育成財団(與那嶺善道理事長)はこのほど、沖縄弁護士会との間で「外国人のための法律・生活相談に関する覚書」を結んだ。同財団の依頼を受け、外国人からの法律相談などに当たる。
 沖縄には120カ国から計1万6000人以上の県内各地に居住している。複雑で高度な法律相談などへの対応も増えると予想されるため、財団で対応できない法律問題の相談を在住外国人から受けた場合、財団は弁護士会に協力を依頼。弁護士会は、より専門的な対応が可能な弁護士を外国人に紹介し、解決を図る。
 財団は労働者、留学生、配偶者などの在留資格を問わず、外国人が行政や法律上の手続きやサービスを享受できるよう支援する「外国人のための法律・生活相談事業」を4月からスタートしており、既に弁護士会に相談した事例もある。
 今後、外国人相談者のビザや在留資格、労働問題、契約、事故などの生活上の法律問題などの解決に弁護士会が協力する。
 與那嶺氏は「在住する外国人は就労し、家族を持ち、定住化している。マイホームの購入など地域住民として生活している者も少なくない」と述べた。
 弁護士会の赤嶺真也会長は「沖縄弁護士会として法律相談やリーガルサービスが提供できればと思う」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市内小中学校では25日の給食に、地元のブランド牛「美崎牛」を使った美崎牛カレーが提供された。 …
  2.  国が25日に新型コロナウイルス特措法に基づく全都道府県の緊急事態措置を解除したことに合わせ、玉城デ…
  3.  竹富町の小浜島北東部に位置する濱島(通称・幻の島)を利用するマリンショップなどで構成する幻の島協議…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は26日の定例会見で、中国が主導する経済圏構想「一帯一路」に関し「沖縄が日本のアジア…
ページ上部へ戻る