外国人の法律相談に対応 財団が沖縄弁護士会と覚書

覚書に調印した與那嶺氏(左)と赤嶺氏=沖縄弁護士会館

 県国際交流・人材育成財団(與那嶺善道理事長)はこのほど、沖縄弁護士会との間で「外国人のための法律・生活相談に関する覚書」を結んだ。同財団の依頼を受け、外国人からの法律相談などに当たる。
 沖縄には120カ国から計1万6000人以上の県内各地に居住している。複雑で高度な法律相談などへの対応も増えると予想されるため、財団で対応できない法律問題の相談を在住外国人から受けた場合、財団は弁護士会に協力を依頼。弁護士会は、より専門的な対応が可能な弁護士を外国人に紹介し、解決を図る。
 財団は労働者、留学生、配偶者などの在留資格を問わず、外国人が行政や法律上の手続きやサービスを享受できるよう支援する「外国人のための法律・生活相談事業」を4月からスタートしており、既に弁護士会に相談した事例もある。
 今後、外国人相談者のビザや在留資格、労働問題、契約、事故などの生活上の法律問題などの解決に弁護士会が協力する。
 與那嶺氏は「在住する外国人は就労し、家族を持ち、定住化している。マイホームの購入など地域住民として生活している者も少なくない」と述べた。
 弁護士会の赤嶺真也会長は「沖縄弁護士会として法律相談やリーガルサービスが提供できればと思う」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…
ページ上部へ戻る