50周年記念事業を計画 新川小が寄付呼び掛け

来社した前三盛校長や記念事業期成会の具志堅会長ら=7日午後、八重山日報社

 石垣市立新川小学校(前三盛敦校長、全児童405人)は2019年で創立50周年を迎え、記念事業期成会を発足させた。記念事業の予算は約1千万円で、同校は寄付金を募っている。
 寄付金の目標金額は1110万円。古くなった楽器など教育に必要な備品の買い替え、図書館、理科室のクーラー設置といった環境整備を寄付金で行いたい考え。50周年記念誌の発刊や記念碑の建立に加え、10月26日には「新川小まつり」、来年2月22日には記念式典や祝賀会を予定している。
 募金の締め切りは2020年3月31日までで、募金方法は現金送付、口座振り込み、学校での直接募金。
 同校の前三盛校長や同記念事業期成会の具志堅智会長らが7日、八重山日報社を訪れ、「クーラー設置など授業に集中できる環境を整え、地域の学校としてさらに発展できるよう努めたい」(前三盛校長)と呼び掛けた。
 寄付について問い合わせは同校℡(0980)・82・4354。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナの影響で開催への動向が注目されていた「第56回石垣島まつり2020」が、11月8日に開催…
  2.  特定外来生物「ツルヒヨドリ」の拡散を早期に防除しようと、環境省石垣自然保護官事務所、石垣市、県立バ…
  3.  竹富町の西表島東部の町立交流センターの利用実績が振るわず、赤字運営が続いている。町教委は立て直しを…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市議会は17日、尖閣諸島周辺海域で石垣市の漁船が中国公船に追尾されたことを巡り、玉城デニー知事…
ページ上部へ戻る