50周年記念事業を計画 新川小が寄付呼び掛け

来社した前三盛校長や記念事業期成会の具志堅会長ら=7日午後、八重山日報社

 石垣市立新川小学校(前三盛敦校長、全児童405人)は2019年で創立50周年を迎え、記念事業期成会を発足させた。記念事業の予算は約1千万円で、同校は寄付金を募っている。
 寄付金の目標金額は1110万円。古くなった楽器など教育に必要な備品の買い替え、図書館、理科室のクーラー設置といった環境整備を寄付金で行いたい考え。50周年記念誌の発刊や記念碑の建立に加え、10月26日には「新川小まつり」、来年2月22日には記念式典や祝賀会を予定している。
 募金の締め切りは2020年3月31日までで、募金方法は現金送付、口座振り込み、学校での直接募金。
 同校の前三盛校長や同記念事業期成会の具志堅智会長らが7日、八重山日報社を訪れ、「クーラー設置など授業に集中できる環境を整え、地域の学校としてさらに発展できるよう努めたい」(前三盛校長)と呼び掛けた。
 寄付について問い合わせは同校℡(0980)・82・4354。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る