50周年記念事業を計画 新川小が寄付呼び掛け

来社した前三盛校長や記念事業期成会の具志堅会長ら=7日午後、八重山日報社

 石垣市立新川小学校(前三盛敦校長、全児童405人)は2019年で創立50周年を迎え、記念事業期成会を発足させた。記念事業の予算は約1千万円で、同校は寄付金を募っている。
 寄付金の目標金額は1110万円。古くなった楽器など教育に必要な備品の買い替え、図書館、理科室のクーラー設置といった環境整備を寄付金で行いたい考え。50周年記念誌の発刊や記念碑の建立に加え、10月26日には「新川小まつり」、来年2月22日には記念式典や祝賀会を予定している。
 募金の締め切りは2020年3月31日までで、募金方法は現金送付、口座振り込み、学校での直接募金。
 同校の前三盛校長や同記念事業期成会の具志堅智会長らが7日、八重山日報社を訪れ、「クーラー設置など授業に集中できる環境を整え、地域の学校としてさらに発展できるよう努めたい」(前三盛校長)と呼び掛けた。
 寄付について問い合わせは同校℡(0980)・82・4354。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る