【視点】日航機事故34年 空の安全へ誓い新た

 列島に衝撃を与えた1985年8月12日の日航ジャンボ機墜落事故から12日で34年。航空機の単独事故としては世界最悪の520人が亡くなった。八重山の住民が沖縄本島や本土へ行くには航空機を利用するほかなく、空の安全は切実な課題として身に迫る。無事故への誓いを新たにするとともに、改めて命の重さを噛みしめたい。
 事故は徐々に歴史上の出来事になりつつあるが、現在でもその後遺症は社会のいたるところに残っている。
 今年6月には、日航機事故の遺族でつくる「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さんが石垣島を訪れ、小、中学校で県内初となる「いのちの授業」を開催した。
 美谷島さんは、事故で当時9歳の長男を失った。授業では、長男との思い出や、事故後の胸をえぐられるような悲しみ、そして「悲しみに寄り添う社会」の構築を呼び掛けた。「悲しみは乗り越えるものではない。心の中に悲しみの居場所をつくる必要がある」と現在でも悲しみと向き合う。
 一方で「私は空を見上げることが苦手だった。今では、皆さんのような子どもの姿を見て、21世紀の大きなロケットや、飛行機も飛ばしてほしいと願っている」と、未来をつくる子どもたちに期待を寄せる。
 2年前に石垣島で開かれた「南の島の星まつり」には、事故で犠牲になった歌手、坂本九さんの長女で歌手の大島花子さんがゲストとして出演し、命日に父への思いを歌い上げた。坂本さんといえば世界的ヒット曲となった「上を向いて歩こう」が有名で、脂の乗り切った43歳で未来を突然断ち切られたことは、芸能界の痛恨事だった。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る