連日30度超、熱中症に注意 死亡例も、県「健康管理徹底を」

猛暑の中、海水浴を楽しむ人たち=11日午後、石垣市の新港地区人工ビーチ

 全国的に猛暑が続く中、沖縄も連日、30度を超える暑さとなっており、県によると3日までに熱中症患者が379人発生。7月には農作業中の高齢者が死亡した。玉城デニー知事は9日の記者会見で、健康管理の徹底を呼び掛けた。
 沖縄気象台によると、石垣島では8月に入ってほぼ連日、最高気温は30度を超えている。今月、最も高かったのは6、7日の33.4度。11日は32.5度だった。
 熱中症は暑い場所で過ごすうちに体温が上がり、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能が働かなくなったりして起きるさまざまな症状の総称。
 人は体温を常に一定に保つ仕組みを持ち、体温が高いときには、血管を広げて体の表面に血を巡らせたり、汗をかいたりして体内の熱を外に放出しようとする。これが間に合わず体温が異常に高くなると熱中症になる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣海上保安部は7日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違…
ページ上部へ戻る