連日30度超、熱中症に注意 死亡例も、県「健康管理徹底を」

猛暑の中、海水浴を楽しむ人たち=11日午後、石垣市の新港地区人工ビーチ

 全国的に猛暑が続く中、沖縄も連日、30度を超える暑さとなっており、県によると3日までに熱中症患者が379人発生。7月には農作業中の高齢者が死亡した。玉城デニー知事は9日の記者会見で、健康管理の徹底を呼び掛けた。
 沖縄気象台によると、石垣島では8月に入ってほぼ連日、最高気温は30度を超えている。今月、最も高かったのは6、7日の33.4度。11日は32.5度だった。
 熱中症は暑い場所で過ごすうちに体温が上がり、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能が働かなくなったりして起きるさまざまな症状の総称。
 人は体温を常に一定に保つ仕組みを持ち、体温が高いときには、血管を広げて体の表面に血を巡らせたり、汗をかいたりして体内の熱を外に放出しようとする。これが間に合わず体温が異常に高くなると熱中症になる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、尖閣諸島に灯台や無線中継施設などを整備することに関…
  2.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、2009年に自治基本条例が制定された経緯に関し「議…
  3.  竹富町は小浜島の町指定天然記念物「コーキ原のガジュマル群落」に遊歩道を整備する。来島者が立ち入りし…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は昨年3月に策定した「沖縄空手振興ビジョン」で示した将来像の実現を目的に、具体的な工程などを定め…
ページ上部へ戻る