【視点】きょう終戦の日 平和のバトンを

 74回目の終戦の日を迎えた。沖縄では6月23日の「慰霊の日」が先の大戦の戦没者を追悼する日となるが、東京ではきょう、政府主催の全国戦没者追悼式が千代田区の日本武道館で行われる。5月1日に即位した天皇陛下が参列される、令和初の追悼式。安倍晋三首相や戦没者遺族も参列し、約310万人の戦没者を悼む。
 日本は戦後、自由主義陣営の一員として民主主義と経済的繁栄を享受した。その礎を築いたのは、戦火に散った膨大な数の人々である。現在の多国間協力の枠組みは戦争の深刻な反省の中から構築され、中でも日米同盟は日本の平和維持に決定的な役割を果たしている。
 世界史の教科書を開けば、近年まで戦争に次ぐ戦争の歴史が繰り返されてきたことが分かるし、現代でも世界各地で紛争やテロが続く。戦争のない世界を夢に見ながら、いかに多くの人たちが無念の死を遂げてきたと思うと胸が熱くなる。平和は水や空気のように当然に目の前に存在するものではないことを肝に銘じたい。
 祖先たちが死に物狂いで手渡した平和と繁栄のバトンを、現代に生きる私たちが次世代に引き継がなくてはならない。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クラスター(感染者集団)が発生した「石垣島キャバクラAクラブ」(美崎町)を中心に、4日、ショーパブ…
  2.  石垣市は4日、新型コロナウイルスの感染者が出た美崎町の2店舗名を独自の判断で公表した。このうち1店…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大で、沖縄では医療機関の逼迫(ひっぱく)が深刻化してきた。厚生労働省の集…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  防衛省は23日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が昨年4~12月に緊急発進(ス…
ページ上部へ戻る