無病息災願う 獅子、子どもの健康祈る 大浜イタツキバラ

子供を獅子にかませ、無病息災を祈った=16日夜、崎原公園

 大浜獅子・棒術保存会(次呂久成崇会長)によるイタツキバラ(獅子舞)が16日夜、崎原公園で行われ、会場を獅子が縦横無尽に走り回り、観客から大きな歓声と悲鳴が起こった。
 旧盆明けに邪気を追い払う伝統行事「イタシキバラ」は、地域住民の無病息災を願い、石垣島各地で行われる。大浜地区は「イタツキバラ」と言い、獅子がドラム乗りを披露し、会場内を動き回ることなどで有名。
 大浜小6年生による「こども獅子」や婦人会の「やぐら踊り」、老人クラブ長寿会と古謡愛好会による「シチガチニンブシャー」の後、午後8時に2頭の獅子が登場。30分ほど、笛や太鼓、かねの音色に合わせ場内を動き回った。
 午後8時半過ぎに音色が激しさを増すと、2頭は集まった観客らに突進、子供らをかみ始めた。親は、我先に子供をかませようと獅子に近づき、人だかりができ、歓声が上がった。逃げ惑い走り回る子や、泣き出す子もいた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「沖縄地域における希少な動植物の密猟・密輸対策連絡会議」の初となる八重山担当者会議が20日午前、竹…
  2.  ハリウッドの人気スター、トム・クルーズさん主演の映画「トップガン」続編の予告編で、クルーズさんが着…
  3.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は、10日、先天性脳性マヒによる足関節変形の改善を目的とした、軟部組…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  平成の沖縄は、オンリーワンの存在感を発揮してきた。令和の時代は勢いをさらに発展させ、オンリーワンで…
ページ上部へ戻る