「格差乗り越える力を」 〝幼小接続〟で安慶名氏要望

安慶名氏の講演を聞く幼稚園、保育園、こども園、小学校関係者=18日午後、石垣市健康福祉センター

 保育園、こども園、幼稚園、小学校関係者が一堂に会し、相互の連携を考える「保幼小連携講演会」が18日、石垣市健康福祉センターで開かれ、県教育庁義務教育課の安慶名名奈指導主事が「幼児教育を活かす小学校教育」をテーマに講師を務めた。
 幼稚園から小学校へ移行する過程の「幼小学接続」について「幼稚園と小学校では格差が大き過ぎると言われるが、格差があるのは当然。子どもが自分で乗り越える力をつけさせることが重要」と指摘した。
 幼児教育の特徴について「教科書もチャイムもないので、遊びを通じて総合的な学習を行う」と指摘。幼児教育は小学校の前段階の教育ではなく、必ずしも計算や読み書きを教える必要はないとしたが「数字や文字に関心を持たせるとか、小学校教育の基礎となる感覚は教えてほしい」と要望した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町議会(新田長男議長)9月定例会は17日から一般質問の日程に入り、初日は大久研一、山盛力、三盛…
  2.  沖縄県振興審議会・第2回離島過疎地域振興部会(委員長・嘉数啓琉大名誉教授)が17日午後、県庁で開か…
  3.  石垣市議会(平良秀之議長)は17日の9月定例会最終本会議で、陸上自衛隊配備問題を取り上げたNHKの…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る