次世代に民具継承 親子で島の竹とんぼ作り

島の竹とんぼ作りに挑戦する子どもら=18日午後、石垣公民館

 第4回いしゃなぎら字会学級「親子で竹とんぼを作ろう」が18日、石垣公民館で開かれ、石垣青年会の希望者が親子で島独自の竹とんぼ作りに挑戦した。講師は石垣市家庭教育支援チームの宮良安晃さんを講師として中心に、いしゃなぎら字会の3役が同青年会の親子に竹とんぼの作り方を教え、子どもたちは手作りの竹とんぼを飛ばして遊んだ。石垣市教育委員会いきいき学び課が実施する社会教育学級の一環。若い世代にふるさとの民具の継承を図るのが目的。
 竹とんぼを作る前、宮良さんは自身の子供時代のエピソードを紹介。2つのパーツから成るのが石垣の竹とんぼと90歳になる人に教わったという。「今日からいしゃなぎら竹とんぼと命名して伝えていこう」と参加者を笑わせた。
 2歳の娘である希華(きか)ちゃんと一緒に来た父、西表孫孝(まごたか)さんは竹を切る際に「手を切りそうで怖い」と苦戦しながらも「娘に教えられるように勉強したい」と竹とんぼ作りに夢中の様子。
 竹とんぼ作りを各親子に教えた大浜慶功同字会長(69)は「昔の子どもの頃の風景を思い出す」と竹とんぼで夢中で遊ぶ子供たちを見ながら懐かしんだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る