人命救助の米兵に感謝状 北谷町「勇気ある行動」

北谷町から表彰を受けるロジャー・ハリー1等空曹=18日、北谷町役場

 北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉手納基地所属のロジャー・ハリー一等空曹に表彰状を手渡した。野国町長は「迅速な勇気ある行動」と感謝した。
 ハリー氏は7月、家族と訪れたアラハビーチで、おぼれて海中から引き揚げられた少年が横たわっているところに遭遇。地元のライフガードとアイコンタクトで胸骨圧迫や人工呼吸を施し、救命活動を行った。救急車が少年を収容するころには自発的な呼吸が回復。一命を取り留めた。
 ハリー氏は「助けを必要とする人を見て、体が勝手に動いて行動に移しただけ。大変光栄です」と謙虚に語った。
 ニライ消防本部の金城俊昭消防長は「現場に自分も居合わせたが、ハリー氏が人工呼吸をしてくれていた。ライフガードと連携し、素早い対応があったおかげで、救えた命だと思う」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、石垣市民らが住民投票で賛否を問うよう市に求めた訴訟の第1回口頭…
  2.  「第32回マーチングインオキナワ2019」(主催・日本マーチングバンド協会沖縄支部、日本バトン協会…
  3.  安倍晋三首相の通算在職日数が20日、憲政史上最長となった。集団的自衛権の行使容認と安全保障関連法の…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロ…
ページ上部へ戻る