恒久平和願い空手演武奉納 恩納村、33カ国800人集結

団体演武を奉納する参加者=20日、恩納村恩納海浜公園ナビ―ビーチ

 空手の普及に努めている一般社団法人劉衛流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、恩納村の恩納海浜公園ビーチで「国際平和記念奉納演武」を開催し、世界33カ国から約800人の空手愛好家が集結した。沖縄から世界へ「恒久平和」を発信する平和メッセージが日本語と英語の2カ国語で読み上げられ、空手演武を奉納した。
 各国から集まった参加者全員での団体演武や世界空手道選手権3連覇中の喜友名涼(5段)の掛け声で行われた団体形なども披露。サイ、鎌、棒、などの古武道や、四つ竹や谷茶前節の踊りなどの琉舞も披露され、会場からは拍手が沸き起こった。
 長浜善巳恩納村長は「琉球王国時代に沖縄で発祥した空手は、武器を持たない平和を愛する祖先が、護身の術と心技体を備えた武術として継承発展してきた。その志を引き継ぎ、恒久平和を願う」とあいさつした。
 県立武道館では、21日から23日まで「国際交流空手・古武道セミナー」があり、24日は劉衛流の宗家、仲井真憲里(のりさと)の生誕200年を記念して世界武芸祭「国際交流と芸術(アート)へのIZANAI」も開催される。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る