ぱいーぐるズ初V 6度目挑戦で悲願 長崎チームに3―1 離島甲子園

優勝旗を手に、村田氏(写真二列目中央)と記念撮影した「石垣島ぱいーぐるズ」の選手と監督ら=22日、長崎県対馬市の厳原野球場

 第12回全国離島交流中学生野球大会(離島甲子園)の決勝戦が22日、長崎県対馬市で開催された。石垣市を代表して出場した「石垣島ぱいーぐるズ」は、長崎県の「壱岐市選抜」と厳原野球場で対戦し、3対1で勝利、初優勝を決めた。
 離島甲子園は、島外との交流機会が少ない離島に住む中学生が全国から集まり、野球やイベントを通じて交流する大会。沖縄県からは、石垣市や宮古島市、久米島町、竹富町がチームを派遣した。「石垣島ぱいーぐるズ」は石垣中、石垣第二中、大浜中の3年生野球部員から選抜された選手らで構成され、全員野球で初優勝を決めた。大会では、元プロ野球選手の村田兆治氏による野球教室も開かれた。
 決勝戦で「石垣島ぱいーぐるズ」は、チャンスでヒットエンドランを決め、先制。追加点も決め、試合を有利に進めた。6回裏にエラーとフォアボールで出塁を許し、失点のピンチを迎えるも無失点で抑え、試合の流れを決めた。波照間督起監督は「点を取られても取り返せた。自分たちの野球ができた」と試合を振り返った。今大会では、平瀬礼貴や山田匠馬ら下位打線が好調だった。決勝戦は、先発の内間究が無失点で抑え、試合の主導権を握った。
 試合結果は次の通り
 〈決勝〉
 石垣島ぱいーぐるズ(沖縄県)
 0010110-3
 0000100-1
 壱岐市選抜(長崎県)
 (石)内間、平良、石垣、与那覇―渡久山、高良、内間
 (壱)吉井―豊坂
 ▽二塁打=吉田(壱)、平瀬(石)、濱元(石)、山田(石)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る