漂着ごみ調査に挑戦 本島と八重山の中学生

赤崎で回収したごみを分別する生徒ら=21日午前、大濱信泉記念館

 科学技術を担う人材の育成を目的とする県の事業で、八重山と沖縄本島の中学生16人が、20日から22日まで石垣島内で海岸に漂着した海洋ごみの回収や調査に取り組んでいる。「海辺の漂着物を考えよう!」をテーマに21日は大濱信泉記念館でプラスチックの特性を学び、前日に回収したごみの分別を行った。
 中学生は石垣島から12人、沖縄本島から4人が参加。初日の20日に、白保と赤崎の海岸に行き、漂着ごみを回収。21日は分別作業を進めた。
 9時半から始まった2日目は、最初にプラスチックの特性を館内で学んだ。海中に沈むプラスチックがあることを学び、休憩後は屋外で分別を開始。ごみの材質や特徴で区別し、ペットボトルはバーコードで製品の情報を判別、製造国を調べた。
 日本や中国、台湾、ベトナム、シンガポール、米国などのごみがあり、一人ずつ配布されたワークシートに記録を取った。
 同じ石垣島内でも、2カ所でごみの回収量に違いがあり、結果、赤崎が多かった。白保は長い海岸線のうち、50㍍だけに限定し、回収。赤崎は20㍍に限定し、回収した。赤崎は湾内で回収したため、ごみが集まった可能性があり、白保は海岸線が長いため、広範囲に広がっている可能性が出てきた。
 事業の委託を受けているMIRAIME・Labの岸信朋さんは「白保はリーフエッジ(サンゴ礁の切れ目)でごみが溜まっている可能性もある」と指摘した。
 大浜中3年の宮里京汰君(15)は夏休みの自由研究として参加し「(海洋)ごみがあると多くの人に伝えたい」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  ソフトダーツのプロ・アマ混合試合「JET(ジェット)in石垣島G1」(主催・㈲アールズカンパニー、…
ページ上部へ戻る