【金波銀波】石垣市の障害者や高齢者が…

 石垣市の障害者や高齢者が利用する福祉避難所兼ふれあい交流施設「結(ゆ)い心(くくる)センター」がほぼ完成し、入口近くの道路を通るたび「バリアフリーが徹底した施設だな」と感じる。歩道と歩道の間の段差がきれいに埋められていて、車いすでもスムーズに出入りできそうだ◆対照的に、島内の多くの歩道を見るたび、うんざりした気分になる。数㍍ごとに通路が途切れ、そのたびに大きな段差。車道はきれいに整備されているのに、隣の歩道がデコボコ道なのも珍しくない。車いすや自転車は、おっかなびっくり進むことになる◆こうした歩道の整備当時は、バリアフリーの概念がほとんどなかったのだろう。経年劣化もだいぶ進行しているはずだ。雑草や街路樹の繁茂で通行が困難になっている歩道もよく見かける。行政の「車道優先思想」のようなものを感じるのは、うがち過ぎだろうか◆復帰後、離島の隅々に至るまでインフラ整備が進んだように見える。道路の車線は増え、ネットワークが拡大し、移動はずいぶん便利になったからだ。しかし、弱者への配慮はまだまだ遅れているのではないか◆ボロボロになった現在の歩道を、バリアフリーの設計に基づいた優しい歩道へと造り替える。これも残された課題だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院に隣接するヘリポートが石垣市の新庁舎建設工事などで使用困難になる問題で、新たなヘリポ…
  2.  「なんと、台湾から日本へのタピオカ輸出量が過去最高に!」「日本と同様に、マンガは台湾の人々の成長を…
  3.  第10回記念北部地区トゥバラーマ大会(主催・北部八重山郷友会)が15日夜、名護市民会館中ホールで開…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  平成の沖縄は、オンリーワンの存在感を発揮してきた。令和の時代は勢いをさらに発展させ、オンリーワンで…
ページ上部へ戻る