玉城知事、南洋群島へ 慰霊祭と視察に出発

慰霊と交流の旅に出発する参加者ら。左端に玉城デニー知事=25日、那覇空港国際線ターミナル内

 第50回南洋群島・慰霊と交流の旅(主催・南洋群島帰還者会)が25日、出発を前に那覇空港国際線ターミナル内で結団式を開いた。133人の一行に同行する玉城デニー県知事は、同日から28日までの日程で、サイパン島、テニアン島の慰霊祭に参列するほか、グアム準州知事との面談や米軍基地の視察を予定する。
 出発を前に玉城知事は「南洋群島には沖縄から多くの方が移り住み、参加者の皆さんの生まれ育った場所でもある。慰霊の供養と共に懐かしい現地の方とも親睦を深めてもらいたい」と話した。
 第50回を迎え、同会主催の旅団は最後になるとして、上運天賢盛団長は「私たちの行動は最後だが、慰霊は心の中でずっと続く。亡くなった親族にはご苦労だったねと言葉をかけたい」と話した。
 県知事の同行は西銘順治氏に次いで2人目という。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る