県代表、上位4県に入らず 川原壯太選手個人1位を記録 アーチェリー国体九州大会

親指を立て記念撮影をする壯太選手(左端)、仲本選手(右端)、輝久選手(右から2人目)=25日午後、佐賀県鹿島市(輝久選手提供)

 アーチェリー競技の国民体育大会第39回九州ブロック大会が25日、佐賀県鹿島市で行われた。八重山アーチェリー協会副会長の川原輝久選手(55)と日本体育大学4年の壯太選手(21)の親子が成年男子の部の県代表として出場したが、4位の大分県と29点差で5位となり、茨城国体・第74回国民体育大会への出場はならなかった。
 大会は70㍍の1ラウンド36射(360点満点)を2ラウンド行い、合計点が高かった上位4県が茨城国体への出場県を得る。結果は、➀熊本➁長崎➂福岡➃大分➄沖縄➅佐賀➆鹿児島➇宮崎―だった。
 沖縄県代表は八重山から川原親子、本島から仲本博貴選手の3人。壯太選手は666点と個人1位を記録。仲本選手は602点で17位、輝久選手は585点で20位だった。
 壯太選手は「強豪が揃う九州ブロック大会で5年連続出場し、今年は個人優勝。さらなる勢いで石垣島から東京オリンピック出場を勝ち取りたい。応援よろしくお願い致します」と話した。
 輝久選手は「非常に残念だが、レベルが上がっている九州で昨年の7位から5位に浮上した」と振り返り、「壯太は練習ではオリンピック選手レベルの680点は出す。オリンピックを目指し、今後の公式戦や記録会に臨む」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は昨年3月に策定した「沖縄空手振興ビジョン」で示した将来像の実現を目的に、具体的な工程などを定め…
ページ上部へ戻る