【視点】キャッシュレス対応 情報収集積極的に

 現金を持たなくてもクレジットカードや電子マネーなどで買い物ができる「キャッシュレス」決済を普及させる動きが離島の離島である八重山でも本格化している。八重山は中小零細企業が多いが、将来への投資としてキャッシュレス化を積極的に検討してほしい。
 政府は10月の消費税率引き上げに合わせ、登録された中小・小規模店舗での買い物でキャッシュレス決済すると、最大5%のポイントを還元する制度をスタートさせる。期間は9カ月間。増税による景気の腰折れを防ぎ、キャッシュレス普及や中小企業の支援を図る取り組みだ。
 キャッシュレス決済に対し、コンビニ大手のファミリーマート、セブン―イレブン、ローソンは、顧客の購入額から還元対象である増税分の2%相当を支払い時に即座に差し引く値引きを実施する。クレジットカード大手のJCBやクレディセゾンなど5社は、金額請求時にポイント還元分の金額を差し引き、実質上の値引き。通販サイト大手のアマゾンや楽天などの出品も5%還元に対応する。
 経済産業省によると、21日時点で約43万2千店がポイント還元制度に申請した。このうち審査を通過し、登録済みの店舗は約18万4千店。申請した店舗の内訳は小売業約62%、飲食業約15%、その他のサービスが約24%だった。
 消費増税に合わせ、期間限定だが現金よりキャッシュレス決済が得になり、逆に「知らないと損」になる。ポイント還元制度に対応する店舗にはロゴ入りのポスターが貼り出される。消費者側も情報収集を怠らないでほしい。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町議会(新田長男議長)9月定例会は17日から一般質問の日程に入り、初日は大久研一、山盛力、三盛…
  2.  沖縄県振興審議会・第2回離島過疎地域振興部会(委員長・嘉数啓琉大名誉教授)が17日午後、県庁で開か…
  3.  石垣市議会(平良秀之議長)は17日の9月定例会最終本会議で、陸上自衛隊配備問題を取り上げたNHKの…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る