「島の所得向上を」 宮腰沖縄相が離島視察

帰京前、報道陣の取材に応じた宮腰大臣=2日夜、那覇空港

 宮腰光寛沖縄担当相は8月30日から4日間、沖縄を訪問し、離島などを視察した。宮腰氏の来県は就任後11回目。
 今回は粟国村、多良間村、渡名喜村を訪問し、観光関連施設の整備状況や製糖業と製塩業などの現場を視察した。2日夜、那覇空港で報道陣の取材に応じた宮腰氏は「多くが人口減少と高齢化の問題を抱えている。島の維持のために所得を上げる必要がある」と指摘。地場産品や高収益作物の生産が盛んな宮古島を手本に「それぞれの島に合う高収益構造の農業を展開していくべき」と求めた。
 自らが推進する「琉球泡盛の海外輸出プロジェクト」に関し「骨太方針に2年連続で書き込こまれ、予算も増額要求している」と改めて意欲を示した。
 黒糖については「上限なしの増産をやっていく必要がある。販路拡大が大きな問題」と指摘し、安定供給と在庫管理の必要性を訴えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る