【金波銀波】尖閣諸島の周辺海域では…

 尖閣諸島の周辺海域では、領海警備に当たる海上保安庁の巡視船と中国公船「海警」が対峙しているが、台風が接近しても、巡視船は中国公船が去るまで現場に留まり続けるという。荒波の中、業務は難航を極めるはずだ。安全な場所で日常生活を送る住民には知るよしもないが、国境を守る仕事の大変さは想像を絶するだろう◆尖閣周辺でほぼ常駐している中国公船だが、もちろん台風には勝てない。しかも遠い中国本土から出港しているから、航行の安全上、早めに現場から逃げ出す必要もある。その上、尖閣が属する八重山周辺は、ひっきりなしに台風が襲来する「台風銀座」だ。建前上は尖閣を「固有の領土」と強がっていても、中国公船の乗組員たちは、内心、泥沼に足を突っ込んだような気持ちではないか◆中国公船の航行に要する燃料代も、莫大な費用に達するだろう。日本をしのぐ経済大国になったとはいえ、中国本土から尖閣までの距離を考えれば、決して楽な出費とは思えない。福祉にでも回したほうが賢明だ◆中国政府の強欲は八重山の住民には迷惑だし、巡り巡って中国の国民にもツケとなってのしかかる。中国で将来、それを自覚する指導者が誕生するかがカギだ◆苦しいのは相手も同じ。引き続き、奮闘する海保を応援したい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る