県と那覇市が協定締結 東京五輪の事前キャンプ ドイツ空手連盟

調印式で握手する関係者(写真右から城間氏、新垣氏、ヴァンガート氏)=3日午後、県庁

 沖縄県と那覇市は3日午後、来年の東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の事前キャンプに関する協定をドイツ空手連盟と締結した。空手道の種目に出場するドイツの選手が市内で練習し、県と那覇市がサポートする。
 協定調印式は県庁1階のホールで開かれ、玉城デニー知事の代理で文化観光スポーツ部の新垣健一部長と、城間幹子那覇市長が出席。ドイツ空手連盟のヴォルフガング・ヴァンガート会長と協定書を交わした。県が東京2020大会の事前キャンプ地として、各国の競技団体と協定を結ぶのは、今回で8件目。
 今回の協定を巡っては、県と市町村、県体育協会で構成する「沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会」が2017年に欧州で誘致活動を実施。ドイツ空手連盟を訪問し、県内視察を要請した。18年10月にヴァンガート会長が来日し、那覇市民体育館や宿泊施設を視察。練習環境の良さが評価され、沖縄が空手発祥の地であることも考慮され、事前キャンプ地に選定された。
 調印式で新垣氏は「選手らが事前キャンプの成果を(五輪大会で)発揮されることを期待する」とあいさつ。城間氏も「皆様方を全力でサポートする」と述べた。ヴァンガート氏は「空手界で前例のない国際的な提携だ。互いの文化と空手の交流に繋がると確信している」と話し、期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る