入場者50万突破を報告 「多言語化で利便性向上」 県振興審議会

スポーツや観光などの施策について、意見を述べた=3日午後、八汐荘

 県振興審議会の第2回文化観光スポーツ部会(下地芳郎部会長)が3日午後、那覇市内で開かれ、沖縄県21世紀ビジョン基本計画の総点検報告書の素案について、委員らが議論した。
 部会では、事務局を県の文化観光スポーツ部が担い➀文化芸術の振興➁スポーツアイランド沖縄➂海邦交流拠点の形成について審議した。
 事務局は県立博物館・美術館の入場者数について、目標値50万人を昨年で突破したと報告。多言語化などで利便性が向上した成果だと強調した。
 下地部会長は、目標値の設定について検証が必要と指摘し「10年の沖縄観光の(入域観光客数の)伸びを考えると、博物館・美術館は100万人を超えて目標が達成したと言える」と注文を付けた。
 次回は今月中旬に同じ場所で開催される予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る