入場者50万突破を報告 「多言語化で利便性向上」 県振興審議会

スポーツや観光などの施策について、意見を述べた=3日午後、八汐荘

 県振興審議会の第2回文化観光スポーツ部会(下地芳郎部会長)が3日午後、那覇市内で開かれ、沖縄県21世紀ビジョン基本計画の総点検報告書の素案について、委員らが議論した。
 部会では、事務局を県の文化観光スポーツ部が担い➀文化芸術の振興➁スポーツアイランド沖縄➂海邦交流拠点の形成について審議した。
 事務局は県立博物館・美術館の入場者数について、目標値50万人を昨年で突破したと報告。多言語化などで利便性が向上した成果だと強調した。
 下地部会長は、目標値の設定について検証が必要と指摘し「10年の沖縄観光の(入域観光客数の)伸びを考えると、博物館・美術館は100万人を超えて目標が達成したと言える」と注文を付けた。
 次回は今月中旬に同じ場所で開催される予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナの影響で開催への動向が注目されていた「第56回石垣島まつり2020」が、11月8日に開催…
  2.  特定外来生物「ツルヒヨドリ」の拡散を早期に防除しようと、環境省石垣自然保護官事務所、石垣市、県立バ…
  3.  竹富町の西表島東部の町立交流センターの利用実績が振るわず、赤字運営が続いている。町教委は立て直しを…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロ…
ページ上部へ戻る