下地(八重高)男子100メートルV 秋季陸上、国体へ調整中

優勝した下地駿麻(左)。レースでは他の選手を引き離し、圧巻の走りを見せた=7日午後、金武町陸上競技場

 第34回沖縄県高等学校対校秋季陸上競技大会が7日、金武町陸上競技場で開催され、男子100㍍に出場した下地駿麻(18)=八重山高校=が10秒57で優勝した。
 競技後、下地は「国体に向けて、調整のために参加した。優勝は狙っていなかった」と述べ、タイムについては「良い結果だ」と話した。また、台風の影響で満足な練習もできなかったと振り返った。
 万全な準備ができずに参加したが、優勝したことで「自分の力を再確認できた」と自信を見せた。10月から始まる国体に向けて調整を続けると強調。「レースの後半が課題だ。力んで失速してしまうので、修正していく」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る