下地(八重高)男子100メートルV 秋季陸上、国体へ調整中

優勝した下地駿麻(左)。レースでは他の選手を引き離し、圧巻の走りを見せた=7日午後、金武町陸上競技場

 第34回沖縄県高等学校対校秋季陸上競技大会が7日、金武町陸上競技場で開催され、男子100㍍に出場した下地駿麻(18)=八重山高校=が10秒57で優勝した。
 競技後、下地は「国体に向けて、調整のために参加した。優勝は狙っていなかった」と述べ、タイムについては「良い結果だ」と話した。また、台風の影響で満足な練習もできなかったと振り返った。
 万全な準備ができずに参加したが、優勝したことで「自分の力を再確認できた」と自信を見せた。10月から始まる国体に向けて調整を続けると強調。「レースの後半が課題だ。力んで失速してしまうので、修正していく」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日~19日、日本国際貿易促進協会(会長・河野洋平元衆院議長)に同行して訪中した…
ページ上部へ戻る