ピィパーズの普及を 生かす会 那覇で販売イベント サンライズマーケット

ブースでピィパーズの苗を販売した島袋氏(左)と購入者の中村さん=8日午後、那覇市

 東南アジア原産で、八重山地方で親しまれる香辛料・ピィパーズ(ナガコショウ)の販売イベントが8日、那覇市内で開かれた。沖縄本島で普及拡大に尽力するピィパーズを生かす会(西表秀夫会長)が、同市壺屋の商店街・サンライズ那覇で行われた「サンライズマーケット」で特設ブースを設置し、ピィパーズを使った商品や苗を販売した。
 「サンライズマーケット」は、食品や物産の生産者が商店街にブースを設け、直接商品を販売するイベント。生かす会だけでなく、飲食店や雑貨店などがブースを設置し、大勢の人でにぎわった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の観光関係者が集まり、島の観光のあり方を論議する「プラットフォーム会議」が24日夜、市健康福…
  2.  岩手・沖縄かけはし交流会(小山雄士会長)の30人は24日午後、第18回石垣島マラソンに合わせ来島し…
  3.  八重山地方は24日、高気圧に覆われて、雲一つない快晴となった。この影響で各地とも最高気温が25度を…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る