泡盛テロワールに自信 宮腰沖縄担当大臣

 7日から3日間の日程で沖縄本島北部の離島を視察した宮腰光寛沖縄担当大臣は9日午後、帰郷前に那覇空港で報道陣の取材に応じた。就任以来12回目の沖縄訪問で、伊平屋村や伊是名村、伊江村を視察。北部振興事業の状況や製糖所や泡盛の蔵元を訪れた=写真。
 原材料に県産米を使い、付加価値をつける「琉球泡盛テロワールプロジェクト」の一環で、伊平屋村では長粒種米が植えられた水田があり、宮腰氏は8日に視察した。テロワールが、来年以降に本格化すると指摘し「1年目なので、少量だが種籾を確保し、蔵元の要望に応じて生産できる。沖縄県産米で(製造し、泡盛を)売ることができる」と強調。沖縄本島や他島でも「長粒種米の栽培が拡大してほしい」と期待を込めた。
 過去に八重山地域を視察した際、与那国島や西表島を訪問したと振り返り、「与那国では、二期作で長粒種米を栽培し、蔵元が全部買い上げるという。西表では、長粒種米を作付けすると説明を受けた。西表には蔵元が無いため、波照間島に持って行き、『泡波』に加工してもらう」と構想を語った。
 さらに農水省と連携し、テロワールを進めると強調し「本格的、組織的に(長粒種米を)栽培するのは初めてだ。栽培管理などで問題もあると思うが、沖縄は亜熱帯で、栽培に向いていると思う。輸出にも力を入れたい」と意気込んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る