川原壮太を東京五輪へ アーチェリー協会、CF呼び掛け

八重山日報社に来社した左から嘉数博仁会長、川原輝久副会長、川原千賀子さん=9日、八重山日報社

 八重山アーチェリー協会(嘉数博仁会長)は9日午前、八重山日報社を訪れ、石垣市出身のアーチェリー選手・川原壮太(日本体育大学4年)を東京五輪へ送るため、クラウドファンディング(CF)で資金援助を募ると発表し、協力を呼びかけた。
 2020年の東京五輪出場実現に向けて、弓具や試合遠征費など100万円の達成を目指す。川原は今年開催された、第28回全日本室内アーチェリー大会で日本一、国民体育大会九州ブロック大会では個人1位と調子を上げ、東京五輪出場に向け手の届く位置につけている。
 11月には東京五輪選考会が控える中、遠征資金などを、仕送りや深夜までアルバイトをしたりして賄っている状況で、安心して競技に集中できる環境が急務なことから、同会がクラウドファンディングを活用することを決めた。
 嘉数会長は「小さな島でも努力すれば頂点を目指せることを証明したい。資金面で心配をかけずに100%の持ち味が発揮できるような後押しをみんなでしていきたい」と意気込んだ。
 父であり同協会の副会長でもある川原輝久さんは「アーチェリーは生涯スポーツ。子どもから大人まで楽しめるということを知ってもらい、石垣に帰ってきた時に広める良い機会になる。壮太の夢を支援していただきたい」と協力を求めた。
 クラウドファンディングのURLはhttps://camp-fire.jp/projects/view/192716

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る