船で辺野古工事視察 「海への影響計り知れない」玉城知事

海上視察後、帰港し下船直後に取材に応じる玉城知事=11日午後、石川漁港

 玉城デニー知事は11日午後、国が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移転先である名護市辺野沿岸部を、就任後初めて船で視察した。
 うるま市の石川漁港から県の漁業取締り船に乗り、名護市の大浦湾まで移動。双眼鏡を使い、工事の進ちょく状況を観察し、小型のゴムボートに乗り換え、工事を進めるため移植されたサンゴやその成育状況、湾内の生物多様性などを観察した。
 うるま市で記者団の取材に応じ「相当量の土砂を投入する工事だ。生物の多様性がある豊かな海にどれだけの影響を与えるか計り知れない」と改めて政府を批判した。工事現場の制限区域内には入らず、防衛省からも説明は受けてないと話した。「周辺海域を見れば、状況は分かる。(区域に入る)要請もしてない」と話した。
 海上視察では、サンゴが移植される前にあった場所や、移植後の様子、アオサンゴの生育状況なども確認した。また、防衛局がサンゴを移す予定海域も観察した。箱メガネを使って水中の様子も観察したという。
 同日に内閣改造を行った安倍政権に対し「県民生活の向上や、基地問題について、真摯に我々の声に耳を傾けてほしい。新しい内閣にも対話を求めていく」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る