竹富島で十五夜祭 綱引きで子孫繁栄と健康願う

各集落自慢の旗頭が並び、壮観な雰囲気の中、十五夜祭が開かれた=13日、竹富小中学校グラウンド

 旧暦8月15日にあたる9月13日は、竹富島の十五夜祭(ジュングヤ)。夕方の4時30分ごろ、西、東、仲筋の各集落の地域住民は竹富小中学校グラウンドに集まり、各集落のシンボルである旗頭を立て、ドラや太鼓の音が鳴り響く壮観な雰囲気の中、綱引きや余興などで子孫繁栄や健康を願った。
 竹富島では綱引きは豊年祭ではなく十五夜におこなう。この大綱の材料はンーマニー(クロツグ)で、100年以上前に作られたといわれる貴重なもの。そのため絶対に雨に濡らすわけにはいかず、雨や台風が理由で綱引きが中止になることもしばしば。今年は島民男性総出で大綱の補修作業をするなど、本番に備えてきた。
 会場では「十五夜は男の祭り。今年は雨が降らず、綱引きができて良かった」と喜ぶ声が聞かれた。また各集落ごとに旗頭の祈願の神事や、夜には中秋の名月を愛でる観月会が開かれた。
    (隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言が出るなど、沖縄の状況も日々悪化している。…
  3.  会うたびに「おれのこと好きか」「あたしのこと愛しているの」と気持ちを確かめ合うカップル。ほほえまし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る