職員ら22人が水難救助訓練 安全管理意識の高揚図る 石垣税関支署

離船訓練を実施する職員ら=13日午後、新城島

 職員の安全管理意識の高揚と救助技術等の向上を図ろうと、石垣税関支署(宮城吉和支署長)は13日午後、水難救助訓練を新城島上地港内で行なった。
 参加したのは同支署、石垣空港出張所、平良出張所、与那国監視署の職員ら22人。
 講師は監視艇「さきしま」の佐事昇一船長で、訓練では▽救命胴衣脱着方法▽離船訓練▽浮環投入訓練―を実施した。
 訓練に先立ち、石垣港浜崎マリーナで宮城支署長が訓示し、「訓練を通じ、職務遂行時の海中転落など、不測の事態に対応できる技法を身につけてもらいたい」と激励。
 訓練終了後は、「短い時間だが、職員が集中して訓練にあたり、効果ある訓練ができた。安全管理は日頃の意識が大切。常に安全に留意し、事故が発生しないよう心がけてほしい」と講評した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  菅義偉官房長官は29日に来県し、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込む観光需要を把握するため、那…
  2.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」の開所から半年が経…
  3.  石垣市役所の課長以上の管理職に占める女性職員の比率は2019年度で10.0%で2年連続で下がったこ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る