社民照屋氏が引退意向 後継、北中城村長軸に調整

照屋寛徳氏

 社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限りで引退する意向を固めた。関係者が18日、明らかにした。後継には、北中城村の新垣邦男村長(63)を軸に擁立する方向で調整している。
 取材に対し照屋氏は「前回衆院選が終わった段階で、引退すると決めていた」と話し、既に後援会幹部に引退を伝えたことも明らかにした。21日に開く後援会の会合で、経緯を説明する。
 照屋氏は弁護士出身で、県議を経て1995年の参院選で当選し、2003年から衆院議員を6期連続で務めている。副党首も歴任した。
 沖縄の4選挙区のうち、自民党が唯一議席を確保している4区を巡っては、国政野党側が候補者の人選を進めており、糸数慶子前参院議員らの名前が挙がっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  グレイトアース第12回石垣島ライド(主催・石垣島ライド実行委員会)が8日、舟蔵児童公園を発着点に開…
  2.  障害疑似体験、パラスポーツ体験、啓発パネルを通して心のバリアフリー実現への普及啓発を行うイベント「…
  3.  石垣市立白保中学校創立70周年記念式典・祝賀会(主催・同校創70周年記念事業期成会)が8日午後、同…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エ…
ページ上部へ戻る