11月9日に健康福祉まつり 障害者「市民のつどい」も

健康福祉まつり実行委員会の初会合が開かれた=19日午前、健康福祉センター

 市民の健康増進や福祉充実を広くアピールする第10回石垣市健康福祉まつり・第39回障がい者週間市民のつどいが11月9日、市健康福祉センターで開かれる。19日、同まつり実行委員会(委員長・中山義隆市長)の初会合が同センターで開かれ、今後のスケジュールなどを確認した。
 スローガンは「見直そう、あなた自身の生活習慣」「相互理解と共存共生をしよう」など4項目。出展の申し込みを今月20日まで受け付ける。事務レベルの調整を行う運営委員会を経て、10月17日の第2回実行委で具体的なプログラムなどを決める。
 同まつりは例年、12月に開催されているが、今年は住民健診の日程と重なるため時期を早めた。
 「障がい者週間・市民のつどい」は市が主催し「三共(ともに)の心でつくる、ゆめみらい・いしがき」をスローガンに、障害者のステージやボランティア体験コーナーなどが予定されている。
 12月11日にはイベントの一環として手話劇を開催する。
 委員からは「石垣島まつりは盛大に開催されるが、健康福祉まつりはアピールが弱いのでは」と早期の周知に取り組むよう求める声が出た。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度・第1回石垣島大運動会(主催・同実行委員会)が14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開…
  2.  玉城デニー知事は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対などを訴えるため、14日から訪米した。米国政府や議…
  3.  「予測に比べると、まずまずに収まったという感じ」―。台風19号の被害が拡大する中、自民党の二階俊博…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る