玉城知事、来月訪米へ 議会に辺野古反対訴え

会見した玉城知事。訪米して普天間飛行場の国外移設を求める予定だと明かした=19日午前、県庁

 玉城デニー知事は19日の定例記者会見で、米国連邦議会が在沖海兵隊の国外移転推進を議論することを受け、米軍普天間飛行場も含めて検討するよう働きかけると明らかにした。10月に訪米し、連邦議員や有識者との面会を予定している。具体的な面会相手は「調整中」とした。
 米国議会で国防関連法案が協議されるのに合わせた訪米。普天間飛行場の辺野古移設について、軟弱地盤の影響で工期が長期間に及ぶことや、移設後の基地運用の問題点などを訴えるという。
 辺野古移設で対立する国との関係については「対話は今後も求める」と強調した。
 米軍が17日、本部港の使用を試みた件については「民間港湾は民間船舶の運航を目的に設置された。緊急時以外の使用は自粛を要請している」と説明。河野太郎防衛相が「米軍は伊江島でパラシュート降下訓練を実施するため救助用ボートを移動させようとした」と説明したことには「伊江島の訓練と民間港湾の使用は別問題だ。これからも自粛を要請する」と語気を強めた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  菅義偉官房長官は29日に来県し、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込む観光需要を把握するため、那…
  2.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」の開所から半年が経…
  3.  石垣市役所の課長以上の管理職に占める女性職員の比率は2019年度で10.0%で2年連続で下がったこ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る