課題共有し、連携強化 密猟・密輸対策で 八重山初の担当者会議

「沖縄地域における希少な動植物の密猟・密輸対策連絡会議」八重山担当者会議が初めて開かれた=20日午前、竹富町役場2階ホール(石垣自然保護官事務所提供)

 「沖縄地域における希少な動植物の密猟・密輸対策連絡会議」の初となる八重山担当者会議が20日午前、竹富町役場2階ホールで開催された。関係省庁や石垣市、竹富町の関係課、航空・運送会社などの民間の関係団体担当者らが密猟・密輸の現状や課題を共有、意見交換し、連携強化を図った。
 会議では八重山地域での密猟・密輸対策の現状について各団体の対応を確認。カメを空路で持ち出そうとした例やカエルを郵送しようとした例など、最近の事例から教訓や今後の課題を共有。
 今後石垣島では水際対策として、年度内に航空会社や保安検査を行う警備会社などを対象に、実物やエックス線写真を用いた希少種識別の研修会を行う。また警察などと連携した合同パトロールも実施していく方針。
 奄美・沖縄地域での現状として▽野生動植物に関する国内法▽2018年度に発覚した密猟・密輸事例▽密猟・密輸が懸念される与那国島の希少種▽関係機関と連携した密猟・密輸出対策の推進―などを共有した。
 このうち対策推進では、希少生物の認識ができるスマートフォンアプリの開発が挙げられ、現在対象はカメのみだが、年度内に那覇空港で実証試験が行われる。
 環境省沖縄奄美自然環境事務所石垣自然保護官事務所の藤田和也上席自然保護官は「かつてに比べ密猟・密輸は増えている。担当者会議は1年に少なくとも1回は開いていきたい」と話した。
 現在、石垣市希少野生動植物保全種は動物20種、植物83種。竹富町の特別希少野生動植物は動物26種、植物17種。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  大相撲沖縄場所(主催・同実行委員会)が14日、うるま市具志川ドームで始まった。15日まで。14日は…
  2.  貴重な文化遺産であるシマムニ(島言葉)の保存継承を目的に「第1回シマムニ発表会」(主催・竹富町、竹…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(反橋寛之所長)が14日午前、新石垣空港でヘリコプター体験搭乗を実…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る