【金波銀波】石垣市の新庁舎を…

 石垣市の新庁舎を現在地で建て替えるか、高台の旧石垣空港跡地に移転するかを問う住民投票は2016年2月だった。投票者の8割が高台移転を選択し、当初、現地建て替えの意向を示していた市政は方針を転換した◆当時は市議会で議員が住民投票条例を発議し、可決を受けて投票実施が決まった。住民投票は直接、有権者の意思を問う重い手続きなのだから、実施に当たっては議会による条例制定という慎重なプロセスが必要だ。議会の議決は、市民の多くも納得した上での住民投票であることを示す「お墨付き」でもある◆しかし石垣島への陸上自衛隊配備の是非を問う住民投票の実施には、懸念の声が続出した。「国防問題を住民投票で問うのはそぐわない」「工事は始まっており、時機を逸している」「住民投票を行うことが住民の分断を加速する」―などだ。議会は2度にわたり、住民投票条例を否決した◆ところが、これだけ百論が噴出しても、有権者の4分の1の署名だけで自動的に住民投票が実施され、誰も止める権能がない。そう解釈されるのが、自治基本条例の規定だ。陸自配備反対派は、これをもとに市を提訴した◆少数意見の尊重か、あるいは少数派の横暴か。自治基本条例の住民投票制度は、どちらにも転ぶ危うさをはらむ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は11日、7~11日にかけて沖縄に駐留する米軍関係者計61人の新型コロナウイルス感染を確認したと…
  2.  東京都で新型コロナウイルス新規感染者が3日連続で200人を超し、石垣市で5人目の感染者が確認される…
  3.  石垣市の県道富野大川線で街路樹として植栽されたフィカスハワイという樹木の枝が道路をまたいで、緑のア…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る