廃棄物を燃料に活用 バイオガス発電所建設へ ゆいまーる牧場

 農業生産法人有限会社ゆいまーる牧場(金城利憲会長)は、神奈川県横浜市の機械メーカー、株式会社テクノシステム社、欧州最大手バイオガス専門システムのホスト社と提携し、同牧場で県内初の100%バイオガス発電所を建設する。金城会長は「発電した電気を使って地域に還元したい」と意気込んでいる。
 約15億円を投じ、最大1300世帯分の電力を供給。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を利用する。
 燃料は牛糞などの家畜排せつ物、泡盛もろみ粕(かす)、八重山漁協で廃棄処分している魚くず、廃食用油脂など、石垣島で処分に困っている有機物を活用する。
 発電機能力は約600キロワットで、1日最大2500頭分の牛糞を発酵させ、発電した電力は沖縄電力に売電する計画。
 ホスト社は世界で200カ所以上のバイオマス発電所の実績を持つが、今回のプロジェクトは日本初進出となる。
 バイオガス発電所は、再生可能エネルギーを使用した発電所の1つで、有機物を燃料とする。
 テクノシステム社によると、9月中に石垣市への申請を終え、発電所の工事に10月に着工し、来年8月には稼働を開始する予定。同社新規事業開発部の担当者は「この発電所で循環型電力供給システムが成り立つ」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での武漢肺炎の集団感染で防疫対策の杜撰(ずさん)さを指摘する…
  2.  「2019年度石垣市学びの基礎力育成支援事業推進協議会」(主催・石垣市)が25日午後、石垣市立図書…
  3.  観光事業者向け英会話教室「ゆる~く英会話」(主催・同実行委員会)が26日午後、大濱信泉記念館でイン…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る